ツイッターのフォロワー数が100満人を超える杉田智和さんが出演しているアニメの中からおすすめのアニメを紹介します!

涼宮ハルヒの憂鬱、銀魂で一気に知名度を上げ、多数の作品に出演しているのでどのアニメを視聴するか迷っている方は参考にしてください。

銀魂 / 坂田銀時 役

杉田智和出演アニメ「銀魂」
あらすじ

 江戸時代末期、天人(宇宙人)の襲来を受け攘夷戦争を行ったものの江戸幕府は天人の侵略を受け入れ開国してしまう。それにより高層ビル、バイクに電車などなど何でもありの世界に変わってしまったが、変わらない「魂」を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。通称、万事屋・銀さん。銀さんと仲間たちを中心に様々なことが巻き起こる・・・

見どころ

 杉田智和さん演じる坂田銀時は、普段はチャランポランでダメダメな主人公ですが、敵が出てきたときには熱い男になる主人公です。杉田智和さんの代表作です。
 言わずと知れた週刊少年ジャンプで連載中のギャグマンガ!
 時事ネタを絡めたりやメタ発言したり、原作者が登場したりするなどかなり自由なアニメです。
 ギャグマンガですが、シリアスな展開もあり感動してしまうことも!?でもシリアス場面でもボケが飛び交うことも・・・

涼宮ハルヒの憂鬱 / キョン 役

杉田智和出演アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」
あらすじ

 「この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」入学早々、時を止めるような挨拶をした涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし・・・と、誰でもそう思う。しかしハルヒは心の底から真剣だった。それに気づいたキョンをとりまく日常は、もうすでに超常になっていた。涼宮ハルヒが団長の学校未公式団体「SOS団」が繰り広げるSF風味の学園ストーリー。

見どころ

 杉田智和さん演じるキョンはハルヒ絡みの厄介ごとを背負い込む苦労人でツッコミ役です。杉田智和さんの代表作です。
 この作品でアニメが好きになった人が多数存在する人気作品です。日常よりのですが、ところどころにファンタジー要素が混じった作品で、音楽も作画も良い名作です!
 まだ視聴してない人はぜひ視聴してみてください。

妖狐×僕SS / 青鬼院蜻蛉 役

杉田智和出演アニメ「妖狐×僕SS」
あらすじ

 高級マンション「メゾン・ド・章樫(あやかし)」・通称「妖館(あやかしかん)表向きはただの高級マンションだが、その実態は、妖怪の「先祖返り」の人間たちが住まうマンションだった・・・!悪態をついてしまうことが悩みの白鬼院凜々蝶は一人になりなくてここにやってきた。しかし、そこには御狐神双熾と名乗るシークレットサービスといわれるボディーガードがいた!?双熾は凜々蝶へ懇願した「僕を貴女の犬にして下さい!」と・・・

見どころ

 杉田智和さん演じる青鬼院蜻蛉は、何でもかんでもSとMに分ける変態です!そして青鬼院蜻蛉として歌うエンディングが酷い(褒め言葉)。これを超える曲はないかも!?
 普通の恋愛アニメのような甘酸っぱさはあまりないですが、癒し要素だったり、個性豊かなキャラたちギャグが展開されるのでそこが魅力です!

アホガール / 阿久津明 役

杉田智和出演アニメ「アホガール」
あらすじ

 バナナ大好き!勉強が全く出来ないアホの子・花畑よしこ。衝動の赴くまま行動するよしこのアホっぷりに、幼馴染の阿久津明だけでなく、クラスメイトも巻きこまれて大騒ぎに・・・

見どころ

 杉田智和さん演じる阿久津明は、ガリ勉で鋭い目つき、暴力的で無愛想という性格もあって友達が全然いません。そしてよしこには勉強を邪魔されます。いろいろな意味で残念なキャラです。
 とにかくハイテンションです。よしこは幼馴染に殴られるが日常になってます。見た目は可愛いのに・・・
 クラスメイトのさやかが癒しです。
 OPも毎回少しずつ変わるところにも注目!
 バナナは夜食~♪

男子高校生の日常 / ヒデノリ 役

杉田智和出演アニメ「男子高校生の日常」
あらすじ

 「男子高校生よ、バカであれ。」男子校のの真田北高校に通うタダクニ、ヒデノリ、ヨシスケを中心に、とてつもなくバカだけど、なぜか愛らしい男子高校生たちが繰り広げるハイスクールリアルライフコメディ!

見どころ

 杉田智和さん演じるヒデノリは主人公ではないですが、一番出番が多く、ボケもツッコミもするキャラです。
 ハイテンションでギャグが繰り広げられ、男子高校生が中心の話ですが、女子もそこそこ登場します。恋愛要素が全く無くひたすらギャグです!
 特に男生は「あるある」と共感してしまうかも!?

暗殺教室 / 烏間惟臣 役

杉田智和出演アニメ「暗殺教室」
あらすじ

 ある日突然、月が爆発して7割方蒸発した。その犯人と称し、しかも来年三月には地球をも爆破するという超生物がやってきたのは、何故か中学校の教室。なんとここで教師をするというのだ。人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、やむをえず、そのクラスの生徒に委ねることになる。落ちこぼれクラス、「エンドのE組」の生徒たちは、卒業までにこの暗殺対象の教師、「殺せんせー」を殺せるのか・・・!?

見どころ

 杉田智和さん演じる烏間惟臣は生徒ではなく、政府から派遣された自衛官で、教師として、生徒たちに戦闘訓練するキャラです。
 週刊少年ジャンプで連載されていて、原作最終回までアニメ化した作品です。担任の殺せんせーを生徒たちが殺そうとするだけの作品ではなく、他クラスと争ったり、殺せんせーを狙う外部の人間が出てきたりします。
 ギャグや恋愛要素もあり、ジャンプの「友情・努力・勝利」が組み込まれた作品です。